フリーランスの不安と解消法とは?おすすめサービスも紹介

フリーランスを始めようとする方だけではなく、既にフリーランスになっている方も、様々な不安を抱かれています。

サラリーマンでしたら、安定な給料をもらえるし、仕事も別に困りません。

しかし、フリーランスとして独立すると、仕事は全て自分で見つかるし、次の依頼はいつ来るかどうかわからない場合も多いです。

今日はフリーランスにとって、よく言われる不安を紹介し、そしてこの不安を解消できるフリーランス支援サービスを紹介します。

フリーランスで働く人は8割が「不安」

ネット受注をするフリーランスに関する調査2020

2020年に日本労働組合総連合会の調査によると、ネットで受注をするフリーランスの方は、全体約8割が不安を感じます。

一番不安が少ない60代以上の方でも、64%という過半数で占められています。

フリーランスの10つ不安と解消法

調査結果を見ると、かなりの不安と共に働くフリーランスが大勢いることがわかります。

その中に、よく見られる不安を紹介していきたいと思います。

仕事が見つかるかどうか不安

フリーランスになると、全ての仕事は自ら探さないといけません。

「どうやって仕事を探すのか?」「この案件終わったら、どうしよう。」など、日々次の仕事を悩むフリーランスの方は大勢います。

しかし、クラウドソーシングサービスが溢れる世の中では、仕事を探すのはそんなに難しいことではありません。

ネットでの露出を増やそう

フリーランスを始めたばかりの時に、知名度が少ないため、SNSやブログなどで、できるだけ自分の露出を増やすことがおすすめです。

クライアントにとって、あなたはどんな人なのかを知りたい方法は、履歴書と職務経歴書、面接以外に、ネットで調べるしかありません。

正しい情報及び自分の強みを発信ながら、クライアントも自然に寄せてきます。

その後はしっかり良いプランを提案し、案件を獲得していきましょう!

収入が不安定で家族を養えるかが不安

フリーランスの仕事は、一回で終わる案件が多く存在しており、今回は単価高い受注があったが、次回はそう限りません。

仕事があっても、受注費用が低いや収入が不安定などもフリーランスにとって大きな不安です。

固定収入を作ろう

安定的に収入を得たいであれば、固定収入が必要です。

フリーランスと固定期間契約を結ぶ会社も続出しており、安定的に働きたいフリーランスの方にとってありがたいことでう。

また、フリーランスが安心で働けることを特化したMidworksというサービスがありますので、詳細後ほど紹介します。

断るが怖くて無理に受注する不安

「断ると次に仕事ないならどうしよう…」と思いながら、無理やり案件を受注するフリーランスも少なくありません。

仕事が不安定のため、安定で固定的なクライアントを作りながら、案件を受注するのがおすすめです。

クライアントと信頼関係を築こう

クライアントの案件を断っても、悪い関係にならないため「断り方」が重要です。

受注金額の問題であれば、丁寧に受注金額の価値を見せるプランを提案、もしくは金額内でできることをしっかり伝わるのが良いでしょう。

仕事が忙しいなら、断ると共にアドバイスや他の友人の紹介など、クライアントに次のヒントを与えるのもおすすめです。

誠意を持って対応すれば、クライアントとの信頼関係が深くなり、今後お世話になる可能性も高いでしょう。

報酬が支払われるかどうか不安

フリーランスは会社員と違って、個人対法人やもしくは個人対個人の場合も多いです。

クライアントとの合意が噛み合わなくて、完了時期が先に延ばし、いつ報酬が支払われるかがわからないケースもあります。

はねはね

わたしも経験済みです…

受注ルールしっかり決めよう

案件受注前にしっかり契約を交わし、支払時期や前払金なども決めた方が良いでしょう。

そうすることで、せめて最低限の法律保障が担保されます。

一番やっちゃいけないのは、親戚友人だからなんでも妥協して、結局お互いの関係を潰すことがよくあります。

雇用保険や社会保険などがなくて不安

フリーランスになったら、会社員ではないため、一般的な雇用保険や社会保険は使えません。

一般の会社員のように、仕事無くなったら、失業手当をもらうことがなく、労災などの保険金もありません。

加入できる保険や年金に加入

会社によって、フリーランスの方にも加入できる保険があります。

また、個人でも加入できる様々な保険や制度があり、フリーランスになろうとするからは、まずはチェックした方が良いでしょう。

小規模企業共済
出典:小規模企業共済

「小規模企業共済」は小規模の法人や個人事業主のための退職金制度です。

従業員は一定の少人数であれば、加入できる制度となり、詳細は小規模企業共済加入資格をご覧ください。

国民年金基金
出典:国民年金基金

テレビCMにもおなじみな国民年金基金は、自営業やフリーランスの方のための年金制度です

フリーランスは会社員と違って、厚生年金が入れないため、その差分が国民年金基金で補足することという。

制度に関して、もっと知りたい方は、国民年金基金制度詳細をご覧ください。

個人型確定拠出年金

「個人型確定拠出年金」とは、自分自身で掛け金を運用しながら、積立金として60歳以降に受け取る仕組みです。

様々な証券会社が行っているため、自分好きな会社を探してみてください。

キャリア・スキルアップに対する不安

フリーランスは基本的に一人作業が多いため、自分が意識的に新しい知識やスキルを学ばないと、自分のキャリアやスキルの成長は止まることが多いです。

しかし、次の仕事があるかどうかわからない時期や、案件の対応が忙しいすぎで、なかなか自分の能力を磨く余裕がありません。

フリーランスになったら、キャリアやスキルも止まるではないかという不安を持つ方もいました。

コミュニティに入ろう

SNSやオフラインでは、様々なコミュニティで、他のフリーランスと交流する機会があります。

そういったコミュニティに入ることで、新しい知識や考え方も増え、自分が次に目指すべき姿も見えてくるでしょう。

孤独感に対する不安

一人で作業がほとんどのため、時間に経つと、孤独感が一気に襲ってきます。

もちろん恋人や、家族と一緒に住むであれば、その孤独感はある程度解消しますが、自分の仕事に対する悩みを理解してくれるとは限りません。

結局その孤独感に負け、再び会社に勤める方もいます。

仲間と共同作業しよう

自分ができる仕事しか受注しない場合、どうしても他の人との共同作業が少なくなります。

そのため、共同作業が必要な案件を受注し、他の専門領域なら知り合いなどに頼み、仲間と共同作業するのもおすすめです。

また、後ほど紹介する予定のMidworksは、発注業者の方に常駐する案件も多く、業界の人と直接対面で仕事するため、孤独感を大幅に解消します。

仕事とプライベートの分けられるかどうかの不安

多くのフリーランスが、例えベテランの方でも悩んでいることです。

サラリーマンであれば、退社後基本的に自分の時間に対して、フリーランスは関係なく働きます。

特に案件の納期が迫ってくる際や急にトラブルがあるなど、関係なく対応しなければならないことが多いです。

対応時間を決めよう

フリーランスを始めようとするなら、クライアントさんにきちんと対応時間を決めた方がおすすめです。

しっかり対応できる時間を合意し、24時間体制をなくしましょう!

はねはね

沖縄在住の時に、24時間体制で外国人対応させたことが忘れません…

健康に対する不安

フリーランスとなったら、会社員のような定期に健康診断や労災保険は、自分で考えないといけません。

しかし、体が崩れたら働くことができないのは、会社員でも一緒です。

定期な健康診断と保険を備えよう

定期的に病院で健康診断を行い、加入すべき保険なども備え、いざという時も安心できる環境を作りましょう。

先行きはどうなるかわからない不安

フリーランスになったら、会社の職務経歴や肩書が全て無くなります。

そのため、「未来はどうなるか?」「失敗したら、再就職できるのか」などの不安を持つ方もたくさんいました。

実績を作ろう

未来はどうなるかが不安なのは、会社員でもあります。

きちんとフリーランスになった後のキャリアを計画し、こういった案件のスペシャルリストになろうと努力すれば、積み上げてきた経験は裏切りません!

フリーランス大変なところ

フリーランスの不安がわかった後に、実際にフリーランスの大変なところを紹介します。

自ら営業しないといけない

会社とは違って、営業職が仕事を取ってきて、自らはその仕事をこなせば良いですが、フリーランスなら、営業も自分でやらないといけません。

営業や提案が得意の方なら、問題ありませんが、営業が苦手の方なら、最初の時にやや苦労するでしょう。

税金や経費計算は自分でやる

当然なことで、フリーランスになったら経理の仕事も自分でやらないといけません。

月々税理士に費用を払い、お金のことを任せる方もいますが、最初の時は自分でやる方が、経営に当たる資金の流れがわかるのでおすすめです。

ローンやカード作りが難しい

フリーランスになったばかりの時に、安定な収入がないため、クレジットカードやローンの申請が難しいです。

もしカードやローンを申請する予定があれば、会社員のうちに済ませましょう。

不安を持つフリーランスが使うべきMIDWORKSの強み

今までフリーランスの不安を紹介しました。

それらの不安を大きく解消できるサービス「Midworks」を紹介します。

Midworksはフリーランスに特化した仕事紹介サービスです。その中にも様々な提案を用意し、フリーランスの皆により良い働き環境を作ってくれました。 

フリーランスと正社員両方のメリットが持つ

フリーランスの最大の不安は仕事を見つかることと安定な収入でした。

サラリーマンであれば、毎月固定な給料をもらえることに対し、フリーランスは当然案件の受注が無ければ、給料がありません。

しかしMidworksは、その両方のメリットをとり、一定なスキル査定をクリアできれば、万が一仕事が見つからない場合でも、予想給料の80%をもらうことが可能です!

仕事が見つからないと、給料がないという不安が解消でき、安定的なフリーランス生活ができます。

案件受注額は公開し、マージンは低めに設定

業者側の受注金額完全公開し、無駄なやり取りなどを避けられるし、自分が稼げたい金額から選べ、より良い案件を受注します。

また、Midworksに支払うマージン(手数料)は一律20%で、さらに各種保証パッケージを追加すると、実質10%~15%で、他社と比べるというかなり低めの設定です。

専門のコンサルタントによるサポート

MidworksはITやWebなど専門の案件が多いため、専門のコンサルタントが仕事の受注から契約、稼働まで全てサポートしてくれます。

自分に最適な案件から始め、仕事を見つからない不安も解消できます。

関東特化した週3からの常駐案件多数あり

Midworksは在宅案件だけでなく、関東をメインにした常駐案件も多数取り扱っているため、関東在住であれば直接業者側の方に出勤し、一人で作業する孤独な不安が無くなります。

また、直接業者側に一緒に仕事できるため、常時に業界の最新情報を知ることができます。

他のエンジニアも交流ができ、フリーランスでも簡単にキャリアやスキルアップに繋がります。

最新技術や上流工程に関わるハイレベル案件も

一般的な外注案件はもちろん、最新技術や上流工程などハイレベルの案件もあります。

もう既にエンジニア経験を持ち、これからもっとスキルアップしたい方にはおすすめです!

MIDWORKSのサービスに向いていない人

Midworksは様々なメリットがありますが、フリーランスであれば、誰でもおすすめする訳ではありません。

特に完全在宅希望のフリーランスにとって、常駐案件が多く取り扱っているMidworksは紹介できる案件が限られます。

また、エンジニアやITなどの経験がない方にとって、IT案件をメインに紹介しているため、案件がかなり限られます。

もし、今後IT系の仕事に挑戦してみたいであれば、下に紹介する「tech boost(テックブースト)」でプログラミングがおすすめです!

フリーランス支援サービスMIDWORKSまとめ

Midworksはこういったような様々なメリットを持ち、フリーランスにより良い働き環境を提供しました。

今も既にフリーランスを始めた方はもちろん、転職や独立を考えているエンジニアのあなたもおすすめのサービスです。

是非一度登録してみてください!

エンジニア未経験の方なら、tech boostがおすすめ!

「Midworks」はITやWebに関する案件がメインのため、もしこれからフリーランスを目指したい方であれば、おすすめのオンラインプログラミングスクール「tech boost」があります。

「tech boost」は単なる一つのスキルを学ぶオンランプログラミングスクールだけではなく、キャリアごとにスキルを学びます。

またオンラインの質問回答はもちろん、東京の渋谷にあるオフィスの中にも作業スペースを用意し、直接の対面指導も可能です。

また、就職サポートも付き、学べ終わったら、まずは業界に入り、実戦経験を積むことも可能です。

また、どんなプログラミングを学習した方が良いかわからない方には、IT系フリーランスになるプログラミングの学習ステップ記事をご参考にしてください。

フリーランスの5つの不安まとめ

今回はフリーランスの様々な不安を紹介しました。それに対し、Midworksのフリーランス支援サービスはある程度解消できます。

初めてフリーランスになるのは不安だらけですが、実力があれば、何とか切り抜けることができます!もし今までの自分の実力を試したいであれば、Midworksを登録してみればいかがですか?